転職

【厳選】20代におすすめの転職エージェント3選

悩む人
新卒で入社して約3年くらい経ったけど転職したいと思っています。転職エージェントを調べてもたくさん出てくるしどれを利用した方がいいのか分かりません。おすすめの転職エージェントを教えてください!

今回は、こんな疑問に答えていきます。

 

本記事のテーマ

ココがポイント

20代におすすめの転職エージェントを紹介

 

この記事を書いている人物

トモノリ
本記事を書いている僕は、2020年2月に前職を退職し転職活動を実際に経験しています。今では神奈川から宮崎に地方移住をしつつ生活しています。

 

本記事の想定読者

この記事では「転職を考えているけど、どの転職エージェントを利用すればいいのかわからない」という方に向けて書いています。

 

本記事を読むことで「転職において登録必須の転職エージェント」を知ることができます。さらにこの記事では、3つエージェントに厳選することで転職初心者の方でも迷わないように解説していきます。

 

それでは、本題に入っていきましょう。

 

20代向けのおすすめ転職エージェント3選

ここでは、僕が実際に転職をしたときに利用したエージェントも含め、サービス内容が他の転職サイトや転職エージェントよりも頭一つ抜けている企業を「厳選して」紹介します。

 

転職が初めてで何から始めればいいのかわからないという方は、まずここで紹介する転職エージェントに登録しておくだけでもOKです。

 

doda(デューダ)

まずは大手転職エージェントの一つであるdodaです。

dodaの1番の特徴は「転職サイトと転職エージェントを兼ね備えている」という点です。

 

通常の転職エージェントの場合、転職サイトとは独立していることが多いですが、dodaは2つのサービスがセットになっているので転職初心者であれば、登録必須のエージェントです。

 

さらに求人の質と量が非常に多いです。公開求人だけでも約62000件もの求人があります。(2020年10月26日現在)

 

非公開求人も含めると約10万件以上の求人が集まっていて、この求人数は業界No.2です。加えて毎週月曜と木曜に求人が更新されるので常に最新の情報を手に入れることができます。

 

非公開求人とは

企業側が自身の社名等を明かさないで募集している求人です。
〜非公開求人を利用する理由〜
✔︎急に人材が必要になり求人を公開する時間がない
✔︎競合企業等に認知されずに採用したい
✔︎機密性の高いプロジェクトを任せる人材が欲しい

 

dodaの場合、求人を探せるだけでなく転職エージェントのサービスもあるためキャリア担当者と面談・相談をしてあなた自身にぴったり合う求人を選定してくれます。

 

求人数が多いと一見良い印象ですが、転職初心者だと「結局どの求人がいいんだろ?」という疑問にぶち当たるので、キャリアアドバイスをくれるエージェントサービスがセットになっているのはとても魅力的ですね。

 

また、口コミ等を見る限りあまり悪い評判等もなく、安心して利用できるサービスであると言えます。

ココがポイント

✔︎求人の質と量が充実していて、約10万件もの求人が集まっている
✔︎転職サイトと転職エージェントの両面を持っているので迷いことがない
✔︎キャリア担当者がいるため、面接や経歴書のアドバイスも貰える

>>dodaに無料登録する

 

リクルートエージェント

次におすすめする転職エージェントはリクルートエージェントです。

 

リクルートエージェントは転職実績と求人数共にNo.1の転職エージェントで、僕も実際に登録をして転職支援をしてもらいました。

 

求人数に関しては公開求人だけで約10万件あり、非公開求人を含めると他の転職エージェントを抑えて圧倒的の求人数です。

 

公開と非公開求人を合わせると約20万件を超える求人数、控えめに言ってヤバイです(笑)

 

僕自身もキャリア担当者の方に[地方移住(神奈川→宮崎)]というなかなかの条件で相談をしても、10件以上の求人を持ってきてくれました。

 

キャリア担当者さんの実績にもよりますが、たくさん人脈がある担当者に担当してもらえるとより自分に合った求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

 

また、リクルートエージェントに登録するとキャリア担当者と何回かに分けて面談するので転職先の相談だけでなく、こちらの強みやアピールポイントなど面接で活用できる内容も一緒に考えてくれるので非常に助かりました。

 

なかなか自己分析ができない人や転職スケジュールの立て方がわからない人は、絶対に利用すべき転職エージェントです。

ココがポイント

✔︎求人数が他の転職エージェントよりも圧倒的
✔︎自己分析やスケジュールの相談にも対応している
✔︎都心はもちろん地方転職もサポートしてくれる

>>リクルートエージェントに無料登録する

 

リクナビNEXTを併用するのが王道

ちなみにリクルートエージェントはリクナビNEXTという転職サイトと連携しているので、効率的に転職先を決めるのであれば併用するのが王道です。

 

僕もリクナビNEXTとリクルートエージェントを同時登録して、両方のルートから転職活動をしました。

 

簡単な流れ

流れは以下のような感じです。

①リクナビNEXTに登録する
※登録する際に[☑️転職支援サービスに登録]を選択する

②リクナビNEXTの登録内容でリクルートエージェントに登録

③リクナビNEXTで気になる求人に応募
※スカウト登録をしておく(企業側からオファーがくる)

④同時にリクルートエージェントでサポートしてもらう

以下③と④を繰り返していきます。

 

同時登録をしておくと「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」両方の求人を比較しながら転職先を決められるので、さらに転職のチャンスがグッと広がります!

 

注意ポイント

✔︎転職サイト
→自分で求人を探して直接応募、年収交渉等も自分で最後まで行う
✔︎転職エージェント
→アドバイザーのサポートを受けながら転職活動をする。交渉等もエージェント側がしてくれる

 

いずれも無料なのでさっそく同時登録をしておきましょう!

>>リクナビNEXTに無料登録する
>>リクルートエージェントに無料登録する

マイナビジョブ20's

最後はマイナビジョブ20's という転職エージェントです。

 

この転職エージェントは他の転職エージェントとは違い「特化型」のエージェントになります。

 

特に20代の転職に強いというのが特徴で、求人数は大手転職企業のマイナビグループなので申し分ないです。

 

僕も20代で転職した一人ですが、ぶっちゃけ転職活動をし始めた時期は「自信がない」「失敗したらどうしよう」という気持ちが出てきます。

 

ですが、このマイナビジョブ20'sであれば「20代向け」という求人も数多く用意されているので、普通の転職サイトを利用するよりも活動がしやすくなると思います。

 

キャリアサポートに関しても面接対策や職務履歴書の添削など非常に手厚いです。

 

さらに若い人材を確保したいという企業の希望から「未経験歓迎」という求人も数多くあるというのも20代での転職では非常に嬉しいですね。

 

採用する企業側も「若い人事が欲しい」「キャリアアップを目指している志が高い人を採用したい」という目的で提携していることが多いので、アピールもしやすいですね。

 

注意ポイント

マイナビジョブ20'sは20代向けや第二新卒などに特化しているので、いくら求人数があると言っても都心から離れた地方への転職となると少し厳しいかもしれません。地方への転職を希望しているなら「doda」や「リクルートエージェント」を利用する方が効率的です。

 

ココがポイント

✔︎20代向けや第二新卒などに特化した求人がある
✔︎面接対策や職務履歴書の添削などキャリアサポートも充実
✔︎企業側も若い人材が欲しいためアピールがしやすい

>>マイナビジョブ20'sに無料登録する

転職前にやるべきこと

それでは、最後に転職活動を開始するにあたって「やるべきこと」を紹介します。

 

どんな転職先に転職するにしても以下の2つは絶対にあなたの軸にしてください。

 

転職の目的を明確化

1つめは、「目的を明確化する」です。

 

転職するにしても「とにかく楽な仕事」「とりあえず今の会社よりも給料が高いところ」という目的で転職活動をしてしまうと転職に成功してもそこからが大変になってしまいます。

 

「あなたはなんのために転職するのか?」

この問いを常に頭の中でするようにしてください。

 

転職は本来キャリアアップやスキル習得のための一つのツールです。そのためにもあなた自身の「転職目的」これを明確にしておきましょう。

 

目的を明確にしておけば、それがあなたの芯になるので面接での話し方や転職に対する姿勢も前向きになります。

 

あわせて読みたい
転職には将来のビジョンが必要?必要じゃない?

続きを見る

 

身に付けたいスキルをリスト化

2つめは、「自分に必要なスキルをリスト化」しましょう。

目的が明確になったら身につけたいスキルを書き出してみましょう。

 

僕の例で言えば、副業ブログで生計を立てられるほどの収入を得たいという目的があります。

 

ここから必要なスキルを書き出すと「Webマーケティング」「セールスライティング」などが挙げられます。

 

このように自分の目的を達成するために必要なスキルを書き出して、それらのスキルを身につけることができる転職先を見つけることが大事です。

 

自分の強みを見つける方法は「【簡単】転職への第一歩!「自己分析」のやり方」で詳しく解説しています。

関連記事
【簡単】転職への第一歩!「自己分析」のやり方

続きを見る

 

最後に本記事で紹介した転職エージェントをまとめておきますので、登録をしてさっそく動き始めましょう。

あなたの転職成功を心から祈っております。

 

doda転職エージェント
※大手転職エージェントです。転職カレンダーで予定の目安が立てやすい。
転職リクルートエージェント
※転職支援実績No1の大手転職エージェントです。迷ったらコレ!
マイナビジョブ20's
※各業界に精通するキャリアアドバイザーが最適な案件を紹介してくれます。

-転職

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5