Webライター

未経験でも在宅Webライターになれるのか?【月1万円を稼いだ経験から解説】

悩む人
在宅でできるWebライターに興味はあるけど、未経験だし自分にやれるのか不安です...。未経験でもWebライターになれるのか知りたい。

こんな悩みを解決します。

筆者情報

管理人プロフィール

この記事を書いている僕は、副業でWebライターをしており月5万円ほど稼げています。

 

ですが、最初から稼げたわけではなく、僕自身も「文章とか書いたことないし、自信ないな〜」と思っていました。

 

正直、学校の国語とかも苦手でしたね(笑)

 

そんな平凡の僕でも月5万円を達成できました。ちなみに怪しい裏技やツール等は使いませんのでご安心ください。

 

そこで今回は、未経験でも在宅Webライターになれるのかどうかについて解説していきます。

 

この記事を読むことで、未経験からWebライターなれるのかとWebライターとして活動する前にやっておくべきことがわかります。

 

それでは、本題に入っていきましょう。

 

未経験でも在宅Webライターになれるのか?

まず気になるのが未経験dも在宅Webライターになれるのかどうかですよね。

 

在宅で給料に加えてプラスの収入を得ることができれば、これまでの生活レベルを上げることができます。

 

僕自身もWebライターを始めてお小遣いが増えました(笑)

 

それではサクッと結論から書いちゃいます。

 

結論:未経験でもWebライターになれます

悩む人
えーほんとに??

と思われるかもしれませんが、割と事実です。

 

というのもWebライターとして活動を始める流れは以下のとおりです。

  • クラウドソーシングサービスに登録
  • 自分が書けそうなジャンルの案件を探す
  • クライアントに対してひたすら営業をかける

これだけです。

 

ちなみに「営業をかける」と言っても電話したり、アポイントを取るわけではありません。

 

クラウドソーシングサービスでは、各案件ごとに提案文(営業メッセージ)を送る必要があります。

 

送った提案文を確認したクライアントから正式に契約をしてもらうことができれば、晴れてWebライターとして活動できます。

 

ただし、全くの実績ゼロおよび初心者では、なかなか採用されにくく採用されても苦労するだけになってしまいます。

 

この点は要注意です。

しっかりと準備することで、スムーズに案件を獲得できますよ。
トモノリ

 

Webライターとして活動する前にやっておきたこと3つ

ターゲット

Webライターとして活動したくても案件を受注できないと話になりませんよね。

 

とくに全くの未経験で実績がゼロに等しい人は、しっかりと準備をしておかないといくら応募しても採用してもらうことは難しいでしょう。

 

そこで、僕の経験をもとにWebライターとして活動する前にやっておいた方がいいことを3つご紹介します。

 

①ライティングの基礎を学ぶ【この2冊でOK】

まずはライティングの基礎を学んでおきましょう。

 

未経験からのスタートとはいえ、ある程度のライティング知識は必要になります。

 

僕の場合は、先にブログを運営していたのである程度のライティング知識はありましたが、「ブログを開設してないよー」という方は以下の2冊を読むだけでOKです。

 

ブロガーやライターなど文章を武器にしている人にとっては、超有名かつ良書なのでサクッと購入しておきましょう。

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングは、ライティングのノウハウだけでなくSEOの基礎知識も身につけることのできる最高の書籍です。

 

世の中にはググればたくさんのSEO対策法などがあふれていますが、ぶっちゃけこの本1冊だけで十分でしょう。

 

新しい文章力の教室

新しい文章力の教室では、ライティングとは何か?というそもそもの内容から具体的な文章の書き方、文章力を磨くためにどう勉強すれば良いのかが身に付きます。

 

ライティングのテクニックというよりも「正しい意識づけ」が学べるライターにとっては必須の書籍ですね。

僕もたくさんライティング関連の本を買いましたが、上記2冊だけでも十分OKですよ。
トモノリ

③ブログを開設する

3つめはブログを開設することですね。

 

ブログを開設することは、必須ではないのですがあるのとないのとだと案件受注までに大きな差が出てしまいます。

 

というのも、ライティング案件を受注するときに自分自身の実績などを提示しないといけない場面が多いです。

 

ですが、まったくの未経験からのスタートだと当然実績ゼロですよね。

僕も実績ゼロでしたよ...
トモノリ

 

そこで、無料ブログでもいいのであなた自身が運営しているブログを持っておくと実績としてクライアントに提示することができます。

 

たとえば、僕のブログでは「ブログ運営」や「SEO対策」について発信していたので、これまでに公開している記事を実績として提示することでスムーズに案件を受注することができました。

 

なので、ぜひブログを開設していない方はアメブロやはてなブログなどの無料ブログでもOKなので、あなた自身の「名刺づくり」として持っておくことをおすすめします。

 

ちなみに僕はWordPressという有料ブログを運営していますが、WordPressでブログを開設しておくと「記事をアップロードする作業もできます」というアピールができ、単価アップにもつなげることが可能です。

 

少しでもWebライターとして収益を上げていきたいと考えているのであれば、WordPressなどの有料ブログを運営しておくのもいいですよ。

 

WordPressブログを開設する方法は、【10分で完了】WordPressブログの始め方【画像付き解説】にて画像付きで解説していますので、参考にどうぞ。

 

【体験談】未経験からWebライターを始めたときの収益

ステップアップ

悩む人
Webライターの準備はわかったけど、実際稼げるの??

という疑問を抱きますよね。

 

僕自身もブログを運営していたとはいえ、実際にWebライターとして稼げるのかは半信半疑でした。

 

そこで、僕がWebライターとして約2ヶ月ほど活動した結果、リアルに感じたことをご紹介します。

 

月1万円くらいは稼げます

以下は、Webライター1ヶ月目が終了した直後のツイートです。

上記ツイートのようにWebライターは、月1万円くらいであれば十分稼げますね。

 

ただ、ここで注意していただきたい点があります。

  • Webライターを始める前にブログを運営していた
  • SEOやライティング知識を学んでいた
  • 1日2時間〜3時間はライティングに時間を割いた

僕の場合は、上記のようなことを意識して行っていたため初月から収益を上げることができました。

 

なので、これからWebライターとしてまず月1万円を目標に活動するのであれば、ぜひ行動を真似てもらえるといいかもしれません。

 

悩む人
仕事もしてるから2〜3時間も割けない

と言われる方もしますが、ある程度の収益を上げるためにはそれなりにコミットする必要があります。

 

たとえば、ダイエットにしても毎日運動をして食生活など意識してコミットすることで成果が出ますよね。

 

Webライターも同じで、文章を書いて収益を生み出すということは、それだけライティングの知識や作業効率を意識することが大切ですよ。

Webライターは敷居こそ低いですが、楽に稼げるわけではありませんm(_ _)m
トモノリ

ブログ運営していると案件を受注しやすい

もうひとつ感じたことは、「ブログ運営していると有利」だということです。

 

先ほども少し述べましたが、クライアントに「ブログを運営しています!」と提案文に記載しておくことで十分実績になります。

 

また、自身が運営しているブログの記事がGoogleの検索順位で上位にあれば、さらに信頼されやすくジャンルによっては高単価で案件を受注できる可能性もありです。

 

実際に僕もGoogleの検索上位にある記事を提示したところ、とても評価されて直接契約していただけるクライアントもいました。

直接契約とは?

クラウドソーシングサービスを介さずに直接業務委託契約を結ぶこと。クラウドソーシングのように仲介手数料がないため、収入を上げやすい契約の1つです。

 

とはいえ、ブログを運営することは少しハードルが高く感じるかもしれません。

 

ですが、ブログはあなたがどんなことを発信している人間なのかを知ってもらえる「名刺」のような役割を果たしてくれます。

 

なので"必須"ではありませんが、いいスタートダッシュを決めたい方はぜひブログ開設も視野に入れてみてくださいね。

 

在宅Webライターをおすすめする本当の理由3つ

ステップ

ここまでで、Webライターはある程度稼げますと書いてきましたが、在宅Webライターをおすすめする大きな理由は3つあります。

  • ①在宅ワークの増加
  • ②スキルアップしながらできる副業
  • ③リサーチ力と根気があれば特別な才能はいらない

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

 

理由①在宅ワークの増加

1つめは、在宅ワークの増加ですね。

 

もちろんすべての職種の方がリモートワークができる環境ではないと思いますが、少なからず自宅にいる時間は伸びています。

 

そのため、完全在宅で作業ができるWebライターはとても参入しやすい副業だと言えるでしょう。

 

僕自身はリモートワークではないのですが、寝る前の数時間や休日の時間を有効に使うことで月5万円くらいはWebライターだけで稼げています。

 

なので、リモートワークが導入されている方であればよりWebライターとして活動しやすくなるので、正しく努力すれば割と早く収益を上げられるでしょう。

理由②スキルアップしながらできる副業

2つめは、スキルアップしながらできる副業ということですね。

 

Webライターで得られるスキルは以下のとおりです。

  • ライティングスキル
  • SEOの知識
  • HTML/CSSの基礎スキル

このようにWebライターは、収益以上に得られるスキル多くあります。

 

そもそも副業はスキルアップができることを前提に選んだ方がいいです。

 

というのも、せどりや転売などを副業にしてしまうと収益は得られますが、さまざまな場面に応用ができるスキルを身につけることがほぼ不可能でしょう。

 

なので、副業として稼ぎつつスキルアップもできるWebライターやブログ運営などは非常におすすめです。

僕もスキルアップを目的にWebライターとブログを始めました。
トモノリ

理由③リサーチ力と根気があれば特別な才能はいらない

3つめは、Webライターに特別な才能はいらないということです。

 

ここまでで「WebライターとしてライティングスキルやSEOを身につけましょう」と書いてきましたが、月5万円くらいまでであれば基礎知識程度で全然OKですよ。

 

それよりもググる力が1番必要になります。

 

というのも、ほとんどのライティング案件は自分の専門外ジャンルであることが多いので執筆の6割くらいはリサーチする時間に充てられます。

 

なので、たしかにライティングスキルやSEOの知識を深めることも重要ですが、それよりもリサーチする力を磨く方が案件をこなしやすくなりますよ。

 

あとは、「根気」です...w

 

案件を受注するとわかるのですが、想像以上にライティングから納品するまで時間がかかります。

 

なので、少し根性論的な部分も必要だったりしますね。

僕も複数の案件を抱えて納期に追われているときは、もう気合でやってますよw
トモノリ

 

まとめ:在宅Webライターはスキルアップをしながら活動しやすい副業

結論として在宅Webライターは、参入しやすい副業でありながらスキルアップもしやすいです。

 

なので、「収入を増やしたいな...」や「もっとスキルアップしたい!」と思っている方は、ぜひ在宅で仕事ができるWebライターを目指してみるのもいいでしょう。

 

現に僕自身も自宅にいながら月5万円ほどの副業収益を得られているわけなので。

 

あとは、実際に行動に移せるかどうかで決まります。

 

まずはクラウドソーシングサービスに登録するところから始めてはいかがでしょうか。

-Webライター

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5