SEO ブログ

メタディスクリプションの書き方とメリット3つ

悩む人
ブログ記事のメタディスクリプションってSEO的に書いた方がいいらしいんだけどどうやって書けばいいんだろ。基本的な書き方とメリットを教えて欲しい!

今回はこんな悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • メタディスクリプションとは?

  • メタディスクリプションの書き方【3ステップ】

  • メタディスクリプションを設定するメリット

  • メタディスクリプションでクリック率UPさせよう

記事を投稿する時にしっかりとメタディスクリプションを設定していますか?

 

メタディスクリプションを適切に設定できている記事とそうでない記事とでは、クリック率がだいぶ変わります。

 

そこで本記事ではメタディスクリプションの書き方と設定するメリットについて詳しく解説していきます。

 

この記事を読めばあなたの記事のクリック率をUPさせる方法がわかります。

 

それでは本題にいきましょう。

メタディスクリプションとは?

クエスチョン

まずは簡単にメタディスクリプションとは何かを理解しておきましょう。

 

メタディスクリプションとはいわばその記事の要約文みたいなものです。

 

例えば、[英語 学習]とググったときの検索結果は下の画像のように表示されます。このとき記事タイトルの直下にある要約文をメタディスクリプションと呼びます。

メタディスクリプションとは?

メタディスクリプションとは?

メタディスクリプションを設定しておくと、上の画像のように検索キーワードが太字になることも大きな特徴ですね。

 

ここをしっかり設定しておかないとGoogle側が自動的にメタディスクリプションを生成してしまい、クリック率が下がってしまう可能性もあります。

 

上位に表示されてもクリック率が低いと収益には繋がりませんからね...。ブログで収益化するには[上位表示+クリック率]が大事になります。

メタディスクリプションの書き方【3ステップ】

では実際にメタディスクリプションの書き方を解説していきます。

 

たった3ステップで完了するので、サクッと書いていきましょう。

メタディスクリプションの書き方

  • キーワードを入れ込む

  • 記事を読むことで得られることを書く

  • 100字以内に納める

これだけです。それぞれ詳しく解説していきますね。

 

Step1.キーワードを入れ込む

まずはその記事で狙っているキーワードを入れ込みましょう。

 

理由は先ほど解説した通り、メタディスクリプションにキーワードを入れておくと太字で強調されて表示されるからです。ただし太字で強調して表示されるのはパソコンでの表示のみです。

 

とはいえ、キーワードをしっかりと入れ込むことでスマホユーザーもクリックしやすくなるのは確かです。

 

狙うキーワードの決め方はブログでのキーワード選定のやり方【収益化には必須です】で詳しく解説しています。

関連記事
ブログでのキーワード選定のやり方【収益化には必須です】

続きを見る

Step2.記事を読むことで得られることを書く

次にあなたの記事を読むことで読者が得られることを具体的に書きましょう。

 

本記事を例にすると、狙っているキーワードが[メタディスクリプション 書き方]なので「この記事を読むとメタディスクリプションの書き方がわかります。」みたいな読者にとってメリットになる事を入れ込んでいきましょう。

 

特に記事を読んだことで読者が「何を得られるか?」「どのように成長または変化するか」を具体的に書いておくことが重要です。

読者に「この記事なら悩みが解決するかも」と思われることが大事ですよ
トモノリ

Step3.100字以内に納める

最後に意識することはメタディスクリプションに記載する文字は100字以内に納めることです。

 

理由は以下の画像を見てもらえればわかると思います。

メタディスクリプションの文字数

メタディスクリプションの文字数

このようにパソコンでの表示では100文字を超えてしまうと「...」という表示になってしまいます。

 

なので、読者にパッと見でどんな記事なのかを的確に伝えるには100文字以内で記載した方がクリック率も良くなります。

 

ちなみにスマホでの表示では約60文字までしか表示されないので、記事を読むことのメリットや読者に1番伝えたいことは前半にまとめると効果的です。

 

また、この文字数については記事タイトルでも同じことが言えます。詳しくはブログ記事のタイトルの付け方【コツは3つです】で解説しています。

関連記事
ブログ記事のタイトルの付け方【コツは3つです】

続きを見る

メタディスクリプションを設定するメリット

メリットデメリット

悩む人
書き方はわかったけど...結局メリットは?

と思いますよね。

 

結論から書いていきますね。

結論:メタディスクリプションはクリック率UPにつながる

これに尽きます。

 

先ほども解説しましたが、メタディスクリプションを設定しないとGoogleが自動的にキーワードが多く入っている文章をピックアップして表示してしまいます。

 

その結果、読者にとっては読みたくなる記事なのかどうかを的確に判断できず最終的にはスルーされてしまうといった感じですね。

 

そのため、キーワードと記事を読むことのメリットを盛り込んだ適切なメタディスクリプションを設定することで、読者がクリックしやすい状況を作ることが大事です。

 

ここで少し残念なお知らせです...。

【悲報】メタディスクリプションにSEO対策効果はない...

これは割とショックだと思うのですが、厳密には「直接的な」効果はないということです。

 

悩む人
え...じゃあ設定しなくていいじゃん

と思うかもですが、ここでブログの本質を考えてください。

 

SEO対策は確かに重要ですが...ブログ記事の本質は読む人の役に立つコンテンツを発信することです。

 

ガチガチに機械的なSEO対策をした記事よりも常に読者の事を考えた記事の方が圧倒的に価値が高くなります。

 

とはいえ、メタディスクリプションに直接的なSEO対策の効果がなくてもクリック率が高くなるとGoogleからの評価も良くなり、結果的に検索順位にも良い影響を与えるので設定しておいて損はありません。

SEO対策と読者ファーストを両立した記事が大事です。
トモノリ

 

ちなみに検索順位をチェックするにはツールを使用する必要があります。ブログ記事の検索順位を調べる必須ツール3選【無料あり】で詳しく解説しています。

関連記事
ランクチェック
ブログ記事の検索順位を調べる必須ツール3選【無料あり】

続きを見る

メタディスクリプションを設定してクリック率UPさせよう

 

最後に本記事の重要事項をまとめておきます。

重要事項

  • クリック率UPにはメタディスクリプションは必須
  • メタディスクリプションは100文字以内に納める

結論、メタディスクリプションの設定は質の高い記事を書く上で必須です。

 

特にクリック率UPは収益化においても重要な要素となります。

 

ぶっちゃけ、毎回メタディスクリプションを考えるのはメンドいですが、常に読者ファーストの記事を目指すのであれば必ず設定してから記事を投稿しましょう(^^)/

-SEO, ブログ

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5