SEO ブログ

ロングテールキーワードの選び方と2つの注意点

悩む人
ロングテールキーワードって大事みたいだけど実際どうなの?選び方や注意点とかあれば知りたい!

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • ロングテールキーワードの選び方【3ステップ】

  • ロングテールキーワード選定の注意点2

  • ロングテールキーワードから上位を狙おう

 

今回は個人ブロガーがこれから検索上位を狙っていく上で重要になるロングテールキーワードについてです。

 

本記事では、ロングテールキーワードの選び方と選ぶときの注意点について画像を使いながら分かりやすく解説していきます。

 

読み終わるころには、ロングテールキーワードの効果的な選び方がマスターできます。

 

それでは本題に入っていきましょう。

ロングテールキーワードの選び方【3ステップ】

ロングテールキーワードを狙うことはSEOを意識する上で非常に重要です。

 

そこでロングテールキーワードの選び方を3ステップにまとめました。

ロングテール選定手順

  • ビッグワードからミドルワードを絞る

  • ミドルキーワードからさらに深掘りする

  • 検索ボリュームが100以上のキーワードを選ぶ

 

僕自身、いつもこの3ステップに沿ってロングテールキーワードを決めているので真似してみてください。

 

ちなみに本記事では以下の2つのツールを中心に解説していきます。

 

①:ビッグワードからミドルワードを絞る

さっそくロングテールキーワードを...といきたいところですが、順を追って適切に選んでいきましょう。

 

まず狙っているビッグワードをラッコキーワードに入れてください。

 

例として[ブログ]というビッグワードで検索すると以下のように表示されます。

ラッコキーワード検索

ラッコキーワード検索

検索結果には[ブログ 〇〇]というミドルワードが複数表示されていますね。

 

これでビッグワードからミドルワードの絞り込みは完了です。

 

②:ミドルワードからさらに深掘りする

次にやることはミドルワードからロングテールキーワードを掘り起こすことです。

 

やり方はステップ1とほとんど同じです。

 

例として[ブログ おすすめ]というミドルーワードを再度ラッコキーワードに入れてみます。

[ブログ おすすめ]での検索結果

[ブログ おすすめ]での検索結果

上記のように表示されたら右上あたりにある「全キーワードをコピー(重複除去)」をクリックします。

 

その後、キーワードプランナーに移動して「検索ボリュームと予測のデータを確認する」というボタンをクリックします。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

次に以下のように表示されたらキーワードを入力する欄があるので、そこに先ほどラッコキーワードでコピーしたものをペーストして開始ボタンをクリックしてください。

Googleキーワードプランナー[入力欄]

Googleキーワードプランナー[入力欄]

これでミドルワードからロングテールキーワードの抽出が完了です。

 

あとは適切なロングテールキーワードを選ぶだけです。

 

:検索ボリュームが100以上のキーワードを選ぶ

先ほどの[ブログ おすすめ]という例を用いて解説します。

 

ラッコキーワードからキーワードプランナーに入力しただけだと検索ボリュームなどもバラバラで表示されるので、下の画像を参考に「月間平均検索ボリューム」というタブをクリックしてください。

Googleキーワードプランナー ソート

Googleキーワードプランナー ソート

すると検索ボリュームが多い順に並べ替えられるので、そこの中から「検索ボリュームが100以上あるキーワード」をピックアップしましょう。

 

上記の画像だと、「ブログ おすすめ 無料」や「ブログ おすすめ 本」などが候補になりそうですね。

 

ちなみにここで「100以上のボリューム」を選ぶ理由は、ボリュームがないキーワードを狙って1位をとってもアクセスは見込めないからです。

 

僕も以前、適当にロングテールキーワードを設定して記事を書いたことがありましたが、検索順位1位にも関わらずほとんどアクセスがありませんでした...。

 

当たり前ですが、需要のないキーワードを狙ってもアクセスが増えるはずがないということです。

 

なので、ある程度の検索ボリュームがあるロングテールキーワードを選ぶことが大事ですよ。

注意ポイント

ただし、ボリュームが大きすぎて企業サイトが上位のほとんどを占めている場合は避けてください。

 

ロングテールキーワード選定の注意点2つ

ロングテールキーワードの選び方がわかったところで、注意点が2つほどあるので合わせて理解しておきましょう。

注①:必ず検索ボリュームを把握する

まず1つめは先ほども少し解説した検索ボリュームについてです。

 

この記事を読んでいるあなたは少しでブログを収益化させたいと思っている方だと思います。

 

そこでもう一度考えて欲しいのが、ブログの収益化は「ビジネス」と同じという再認識です。

 

世の中のビジネスは需要のあるところにコンテンツや価値を供給することで収益が発生しますよね。

 

ブログも同じで需要があるかも調べず適当に記事を書いてしまうと、価値を生み出さない無駄な記事になってしまうことが多々あります。(僕もそうでした。)

 

なので必ずGoogleキーワードプランナーなどのツールを活用して検索ボリュームがどれくらいなのかをリサーチしてからキーワードを決めて執筆するようにしましょう。

 

キーワードから決めて記事を書くことについてはブログ記事はキーワードを決めてから書く理由【ネタ切れなし】で詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

ターゲット
ブログ記事はキーワードを決めてから書く理由【ネタ切れなし】

続きを見る

注②:企業サイトに戦いを挑まない

次に注意してほしいのが、企業サイトに戦いを挑まないということです。

 

これはキーワード選定だけでなく個人ブロガー共通の注意点なのですが、特にブログ初心者のうちは企業サイトに戦いを挑むのはやめましょう。

RPG風のイメージとしては木刀でラスボスに挑むようなものです(笑)

なので、ロンテールキーワードを狙うときは

  • 上位に複数の企業サイトがいないか
  • 他の個人ブログは上位表示されているか

 

この2点は必ずリサーチするようにしましょう。

 

ネット上では勝負できる場所が無数にあります。自分が戦いやすい場所を見つけてから記事を書いていくことが大事です。

ただし、記事構成や言い回しなどを参考にするのは大いにありですよ!
トモノリ

 

まとめ:ロングテールキーワードから上位を狙おう

ロングテールキーワードはビッグワードやミドルワードに比べて検索ボリュームも少ないため、個人ブログでも十分に上位表示が可能です。

 

さらに言うと上位表示された複数のロングテール記事をうまく活用すると、ミドルワードやビッグワードで上位表示させることもできます。

 

とはいえ、まずやれることはロングテールキーワードを狙って上位表示させるところですね。

 

ロングテールが攻略できると割とブレイクスルーは近いと思いますよ。

 

検索上位を狙う上で参考になる記事を載せておきます。

内部リンクの設置

【SEO対策】ブログ記事に内部リンクを設置するメリット3つ

続きを見る

検索順位の把握

ランクチェック
ブログ記事の検索順位を調べる必須ツール3選【無料あり】

続きを見る

記事の質を上げるリライト

安全
ブログ記事をリライトする方法と3つの注意点

続きを見る

-SEO, ブログ

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5