転職

転職への不安で動けないときの対処法【マインドが重要です】

トモノリ
転職したいけど失敗したらどうしようという不安からなかなか動けません。不安や恐怖を解消するにはどうすればいいですか?

今回は、こんな悩みに答えていきます。

 

本記事のテーマ

ココがポイント

転職への不安と恐怖の解消と必須マインドセットの紹介

 

この記事を書いている人物

トモノリ

本記事を書いている僕は、2020年2月に前職を退職し転職活動を実際に経験しています。今では神奈川から宮崎に地方移住をしつつ生活しています。

 

本記事の想定読者

この記事では「転職したいけど不安と恐怖でなかなか行動に移すことができない」という方に向けて書いています。

 

本記事を読むことで、「転職における必須マインドセットと不安・恐怖の解消法」を知ることができます。

ポイント

・今の環境を変えたい
・不安に縛られる自分を変えたい
・自分の人生は自分の意思で決めたい
・未来の人生に希望を持ちたい

 

上記のリストで1つも当てはまらなかったら、本記事を読む価値はないのでページを閉じてもらってOKです。

 

当てはまったあなたは、本題に入っていきましょう。

 

転職における必須マインド3つ

転職する場合によく聞くのが、「とりあえず行動してみましょう!」という声です。

 

たしかに行動することは重要で、僕もTwitterなどでは「行動あるのみです!」なんて言ったりもしますが、行動に移すことができない人ももちろんいます。

 

あなた自身も「行動するべきというのはわかっているけど...」と頭ではわかっているはずです。

 

では、どうすれば行動できるか?それは「マインドセット」です。特に転職活動をすると内定が出るまで結構焦ったりします。

 

そこで、転職に必須のマインドを紹介しますのでしっかりと覚えてください。

 

その会社があなたの終点ではない

まずあなたが今所属している会社があなたの終点ではないというマインドです。

 

日本の風潮として「1つの事を極める」「より長く継続する」「最低でも3年」などという間違った文化があります。

 

ここからいつしか「転職する人=継続できない人or根性がない人」という印象を抱かれることが多くなりました。

 

かくいう僕も転職する際に「まだ3年しか経ってないよ?これからじゃない」と言われた経験があります。

 

ですが、あなたが今所属している会社は日本企業約280万社の中のたった1つ企業です。まだ選択肢は約279万9999社もあります。

 

終身雇用制度が崩壊した現代では、今の会社があなたの終点になる可能性は極めて低いです。

あわせて読みたい
転職には将来のビジョンが必要?必要じゃない?

続きを見る

 

やりたいことよりも適した環境が優先

次に転職が不安になる原因として

やりたいことがない
将来の夢がない

このように考えて転職や行動ができない人が非常に多いです。

 

ですが、やりたいことや夢を見つけるためにはそれなりのスキルと知識が必要になります。

 

例えば、数学が苦手な人が数学の研究者になりたいと思うでしょうか?思わないですよね。

 

数学の研究者になりたい人というのは、数学ができるというスキルと知識がある程度身についている人が目指す目標ですね。

 

このように「やりたいこと」や「夢」を先に考えるよりも、あなたが働きやすい「環境」から優先的に考えるべきです。

 

あなた自身に合った環境で仕事ができると、それだけ成長するスピードやモチベの維持などにとても良い影響が出ます。

注意ポイント

「やりたいこと」や「夢」を決めるよりも、まず自分自身が働きやすい「環境」見つけることが何よりも優先すべき

 

ちなみに環境を変えることのメリットについては「【勇気が出ない人へ】環境を変えることのメリット3つ」で詳しく紹介しています。

関連記事
【勇気が出ない人へ】環境を変えることのメリット3つ

続きを見る

 

現代において転職は当たり前

最後は「転職=当たり前」という認識です。

 

先ほど「転職=悪い印象」と抱いている人がまだまだいると書きましたが、それはあなた自身にも言えるです。

 

心のどこかで転職することに対して、以下のような後ろめたさや罪悪感を抱いているかもしれません。

・上司や同僚に文句を言われるのではないか...
・今自分が辞めたら会社に迷惑がかかるかも...
・こんな理由で転職してもいいのだろうか...

もしこんな感じで思っているのであれば、全てリセットしましょう。

 

ぶっちゃけ僕自身も転職する時はこのように思っていました。前職の学習塾で複数の校舎を管轄する管理職の立場でもあったので「自分が抜けても大丈夫だろうか...」なんて思ったこともありました。

 

ですが、本気で転職をしたいのであれば相手のマインドよりも自分のマインドを変えることが先決です。

 

今はコロナという不確実な要素もあります。「転職は当たり前」この言葉を忘れないようにしてください。

ポイント

上司や同僚が転職に対して悪い印象を抱いているのと同じで、自分にも問いかけましょう。「転職=当たり前」これが現代の転職におけるキーワードです。

関連記事
転職を繰り返すメリット3つ【ビジョンを明確に持ちましょう】

続きを見る

 

転職への不安・恐怖の解消法【2つ紹介します】

マインドが身についたところで、次に転職における不安や恐怖の具体的な解消法をご紹介します。

 

スキル・知識を身につける

1つめは、スキルや専門的な知識を身につけることです。

 

ほとんどの不安や恐怖はスキル不足や知識不足が原因になります。

 

例えば、一般営業職からWebマーケターへ転職したいと思った場合、同業種に転職するよりも不安になると思います。

・マーケティング知識がない
・パソコンのスキルがあまりない

おそらく一般営業職からWebマーケターへ転職する場合、このような不安要素が出てくることが多いです。

 

この例からもわかるようにほとんどの不安要素や恐怖は、その分野のスキルや知識を身につけることで解消することが可能になります。

 

ちなみにスキルや知識を身につける方法はたくさんあります。

ポイント

・関連書籍を購入する
・ブログを読む
・YouTubeで動画を探す
・SNSで情報発信している人を探す

これらを実践するだけでも新しい知識を得ることができ、さらにその知識を実践することでスキルも身につけることができます。

 

僕自身も当ブログを運営するためにWebマーケティングやセールスライティングの知識を先ほどの方法でインプットして常にアウトプットするようにしています。

 

スキルと知識が身につくとそれが自然とあなたの自身になり、行動も的確になっていきます。

 

転職エージェントを利用する

これは当たり前に聞こえると思いますが、「転職エージェント」を利用しましょう。

ここで大事なのは求人を探すことが目的ではないということです。

 

1番の目的は「キャリア担当者との面談」です。

 

実際に僕が転職活動をした時はリクルートエージェントを活用しましたが、キャリア担当者の方と何回か面談をして、自分がこれまでやってきた業務内容からどこがアピールポイントになるかなど一人では気づけない長所などを見つけることができます。

 

転職エージェントには、求人を探すという目的の他にも新たな自分のアピールポイントの発見にも活用できるので積極的に利用しましょう。

 

おすすめの転職エージェントについては「【厳選】20代におすすめの転職エージェント3選」で紹介していますので、参考にしてみてください!

おすすめ記事
【厳選】20代におすすめの転職エージェント3選

続きを見る

 

まとめ:まずは自信を持つことから始めましょう

転職するにはまずあなた自身の強い意志が重要です。

 

転職や副業など周りがやっていない事をやろうとすると文句を言われたり、悪口を言われたりすることがあります。

ですが、全く気にする必要はありません。

 

古い考えを持った人たちの意見はスルーをして、あなた自身の意志を貫きましょう。

-転職

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5