SEO ブログ

ブログのSEO対策で重要な3つのポイント

SEO対策
悩む人
ブログを書いてると「SEO対策が大事!」みたいなことをよく聞きます。でもぶちゃっけよくわからん。ブログのSEO対策で必要なことってなんですか?初心者でも実践しやすいSEO対策を教えて欲しい!

今回はこんな悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • ブログのSEO対策で重要な3つのポイント

  • 間違ったSEO対策とは?

  • まとめ:SEO対策=読者目線の意識を持とう

 

今回はのテーマは「ブログのSEO対策」についてです。

 

ブログを書いているとネットやSNSで「SEOに強い」とか「SEO対策」などの言葉を目にすると思います。

 

で、調べてみるとなかなか難しい内容で「ま、まあとりあえず記事書くか...」とSEO対策に背を向けがちです。

 

ですがSEO対策はブログを収益化させるには最も重要ですぐにでも実践するべきことなんです!

 

そこで本記事では初心者ブロガーでもすぐに実践できるSEO対策やってはいけないSEO対策を解説していきます。

 

この記事を読み終わる頃にはSEO対策としてまず何をするべきなのかが明確になります。

 

それでは、本題に入っていきましょう。

ちなみに本記事は約3分くらいで読めます。少しお時間をくださいm(_ _)m
トモノリ

ブログのSEO対策で重要な3つのポイント

3つの重要ポイント

まずブログのSEO対策としてやるべき重要ポイントは3つあります。

SEO対策ポイント

  • 適切なタイトルをつける
  • 見出しにもキーワードを入れる
  • 関連キーワードが豊富

それぞれ1つずつ解説していきますね。

ポイント①:適切なタイトルをつける

まず1つめは適切なタイトルをつけることです。

 

適切なタイトルというのはズバリ!「検索キーワードが入っているタイトル」のことです。

 

当たり前ですが、ブログは検索エンジンから検索されて読まれることが理想です。

 

そのためタイトルに検索キーワードが入っていないとどれだけ質の高い内容を書いても検索結果には表示されません。

 

例えば、[ブログ モチベーション ]とググってみてください。

[ブログ モチベーション]検索結果

こんな感じで、検索結果上位に表示されるブログ記事のタイトルには必ずキーワードが入っていますよね。

 

なのでキーワード選定をして狙うキーワードを決めたら必ず記事タイトルに入れるようにしてください。

 

ただし無理やり入れるのではなく、あくまでも自然な日本語になるようにしましょう。変な日本語でタイトルをつけてしまうとそれだけで検索順位が下がる可能性もあるので...

 

ちなみに記事タイトルのやり方についてはブログ記事のタイトルの付け方【コツは3つです】で詳しく解説しています。

 

さらにキーワード選定に関してはブログでのキーワード選定のやり方【収益化には必須です】を参考にしてみてください。

トモノリ
キーワードの詰め込みは悪いSEO対策です。詳しくは記事の後半で詳しく解説しています(^^)/

ポイント②:見出しにもキーワードを入れる

2つめのポイントは見出しにもキーワードを入れることです。

 

これは意外とやっている人は少ない印象ですが、しっかりとSEOに反映されるので意識しておきましょう!

 

簡単に言うと「見出し=h2タグ」に狙っているキーワードを入れ込むということです。

 

ブログ記事が検索順位に反映されるにはGoogleクローラーというロボットが巡回してきて、それぞれの記事が評価されます。

 

このときクローラーは検索キーワードを頼りに巡回しており、記事タイトルとh2タグの見出しにあるキーワードまで認識していきます。

 

そのため記事タイトルだけでなく、h2タグの見出しにもキーワードを入れておいた方がGoogle側から正しい評価をもらえるようになります。

 

ちなみにh3以下の見出しに関しては認識されないようなので、無理に入れる必要はないです(^^)/

注意ポイント

見出しに入れるキーワードは1〜2つくらいでOKです。あまり多く入れても見にくい見出しになってしまうので、あくまで自然な流れになるように入れておきましょう。

ポイント③:関連キーワードが豊富

3つめのポイントは関連キーワードが豊富にあるという点です。

 

関連キーワードがあるとそのまま関連記事として内部リンクにできますね。これが割とシンプルに1番効果的なSEO対策です。

 

Googleがより重視しているポイントが...

重要ポイント

  • 情報の網羅性
  • 関連キーワードが豊富

という部分です。

 

そのため関連キーワードが豊富で要所に内部リンクを設置してあるとGoogleからも高い評価を受ける可能性が高くなります。

 

1つの記事で全ての情報を網羅するのではなく、「詳しくはこちらの記事で解説しています!」みたいな感じで読者の潜在的な悩みを内部リンクで解決するというイメージです。

 

内部リンクとSEOの関連性については【SEO対策】ブログ記事に内部リンクを設置するメリット3つで解説していますので、あわせて読んでみてください!(このような内部リンクが関連キーワードによる情報の網羅性です)

 

ちなみに内部リンクの非常に効率的な使い方ができるのが複数の記事を1つにまとめる「まとめ記事」です。

 

まとめ記事は今まで書いた記事を総まとめみたいな感じで集約するので、SEOに強い記事を作ることができます。まとめ記事の書き方はブログにおけるまとめ記事の書き方【SEO対策にも有効】で解説しています。

関連記事
ブログにおけるまとめ記事の書き方【SEO対策にも有効】

続きを見る

番外編:有料テーマに移行する

最後に番外編として有料テーマに移行するという手段も大いにありです。

 

これまで解説した3つのSEO対策はほんの一部でしかありません。

 

他にも「読者が見やすいサイトデザイン」「レスポンシブ対応」「サイトスピードの向上」「パンくずリストの作成」などなど...挙げたらキリがないくらいSEO対策はあります。

 

無料テーマの場合は一部だけ対応していたりするので、対応していない部分に関しては自分でなんとかするしかありません。

 

僕自身も無料テーマを使っていたときはいろんなプラグインを入れては、ググって調べての繰り返しで「ブログを書く」ということになかなか専念できていませんでした。

 

ですが、有料テーマの場合は先ほど挙げた「読者が見やすいサイトデザイン」などのいわゆる内部SEO対策はすでに対応されているので、安心してブログ記事の執筆に注力することができています。

 

僕のように「ブログとSEO対策の両立なんてできない!」という方は有料テーマへサクッと移行してしまった方が非常に効率がいいです。

 

ちなみに当ブログは有料テーマのAFFINGER5というテーマを使っています。興味がある方はCocoonからAFFINGER5に移行するメリット3つ【導入まで解説】をぜひ読んでみてください!

 

いろんな有料テーマを比較してみたいという方は【WordPressテーマ】ブログを有料テーマに移行するタイミングとは?をご覧ください。

おすすめ記事
初心者がAFFINGERに移行するメリット3つ【導入まで解説】

続きを見る

間違ったSEO対策とは?

間違ったSEO対策

Googleから正しく評価されるSEO対策に対して間違ったSEO対策というのもあります。

 

以下の3つは絶対にやらないように注意してください!

NG①:無駄な長文記事を書く

昔の僕も含め初心者ブロガーは割と記事の文字数を気にしがちです。

 

僕も何回「ブログ 文字数 おすすめ」でググったことか...(笑)

 

ここで覚えておいて欲しいのが...

Googleは文字数を評価していない!

ということです。

 

あくまでも先ほど解説した「情報の網羅性」と「関連キーワードの豊富さ」で評価をしています。

 

なので「最低でも3000文字以上は書かなきゃ!」なんて根拠のないプレッシャーは全く必要ありません。むしろ、ダラダラと無駄に長い記事を書くとそれだけで読者の離脱原因にもなるので要注意です。

 

ちなみにブログ記事の文字数についてはブログの最適な文字数とは?【目標:3000文字です】で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

NG②:キーワードを詰め込む

次にやりがちなのが、キーワードの詰め込みです。

 

キーワード選定がしっかりできていれば問題ないのですが、しっかりできていないと「このキーワードで検索されそう」といった推測でキーワードを決めてしまうと非常に危険です。

 

先ほど解説したキーワードを入れるタイトルには「3つまで」、見出しには「1〜3つまで」に留めておきましょう!

 

この数以上にキーワードを入れてしまうとキーワードの詰め込み過ぎで「誰に向けて記事を書いているのか」がわからなくなってしまいます。

 

NG③:不正な被リンク獲得

最後はブロガーなら絶対に知っておきたい「不正な被リンク」です。

 

本記事で紹介しているSEO対策は内部SEOと呼ばれる部分です。一方、SNSや他サイトでの紹介被リンクなどを外部SEOと言います。

 

特に被リンクはサイトのドメインパワーを上げるのには非常に効果的なSEOでもあります。

ドメインパワーとは?

サイトが持っているドメインが検索エンジンからどの程度の評価を得ているかを指す言葉です。ドメインパワーが強くなると、サイト全体の検索結果に対して良好な結果をもたらします。出典:LeadPlus(より一部抜粋)

一昔前まではこの被リンクによるドメインパワーUPを狙って、お金を払って被リンクを獲得する手法もありました。(今はあまりないと思います...)

 

このように記事と関連性が全くない被リンクをお金やその他の不正な手法で被リンクを増やしたりするとGoogleからペナルティを受けたりするので絶対にやらないようにしましょう!

 

ただし、参考記事として載せられるような正しい被リンクの獲得はあなたのサイトを成長させる上で非常に重要な役割でもあることも覚えておいてください(^^)/

 

まとめ:SEO対策=読者目線の意識を持とう

読者

それでは本記事の内容をまとめていきます。

本日のまとめ

  • キーワードを含むタイトルにする
  • h2見出しにもキーワードを入れる
  • 内部リンクを増やして情報を網羅させる
  • SEO悩みはほとんど有料テーマで解決する
  • 無駄な長文記事は書かない
  • 不正な被リンク獲得は絶対に避ける

こんな感じです。

 

SEO対策は割と奥が深いので、まずは本記事紹介した3つのポイントを意識してこれから記事を書いてみてください。

 

他のSEO対策もあるにはあるのですが、細かいところまで気を遣ってしまうとブログ自体が更新できなくなってしまい本末転倒になりやすいので、もう少し記事の執筆に慣れてきたら触れるようにしましょう!

 

ちなみにブログの書き方については【初心者向け】ゼロからのブログ書き方講座でSEOを意識したタイトルの付け方から本文の書き方までをまとめていますので、ぜひ読んでみてください(^ ^)/

-SEO, ブログ

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5