SEO ブログ

ブログ記事をリライトする方法と3つの注意点

安全
悩む人
ブログで稼ぐにはリライトが大事ってよく聞くけど、ぶっちゃけどうやればいいの?

今回はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • ブログ記事をリライトする方法【5ステップで完了】

  • ブログリライトをするときの注意点2つ

  • まとめ:リライトは重要ですがやりすぎは注意

先日こんなツイートをしました。

今回はこのツイート内容を深掘りしていきます。

 

ブログの検索順位を上げるためにも「ブログのリライト」は超重要になります。

 

ですが、人によっては「リライト=本文の書き直し」といった勘違いをしていることもあります。

 

そこで本記事ではブログ記事をリライトする方法とその注意点を解説していきます。

 

この記事を読むことで本当の意味でのブログリライトができるようになります。

 

それでは本題に入っていきましょう。

ブログ記事をリライトする方法【5ステップで完了】

ゴール

さっそくブログ記事をリライトする方法を解説していきます。

 

たった5ステップで完了するのでサクッと実行してみましょう。

リライトの手順

  • リライトする記事を選ぶ

  • SEOキーワードを再選定

  • 記事タイトルと見出しの最適化

  • 内部リンクの貼り直し

  • 本文の加筆

それぞれ解説していきます。

Step1:リライトする記事を選ぶ

ブログ記事をリライトするときは適当に記事を選ぶのではなく、ある程度PV数がある記事からリライトしていきましょう。

 

ある程度PV数がある記事を選ぶ理由はもともとPV数が0の記事の場合は記事自体の質があまり良くないか、まだGoogleから評価されていない可能性があるからです。

 

なのでリライトする記事を選ぶときはGoogleアナリティクスの[行動→サイトコンテンツ→すべてページ]からPV数が多い順にリライトしていきましょう。

 

ちなみにGoogleアナリティクスの見方については【ブログ初心者必見】Googleアナリティクスで見るべき3項目で解説していますので参考にしてください。

参考記事
【ブログ初心者必見】Googleアナリティクスで見るべき3項目

続きを見る

 

Step2:SEOキーワードを再選定

リライトする記事が決まったらSEOキーワード選定を再度行いましょう。

 

PV数があまり伸びていない記事は狙っているキーワードがズレている可能性があります。

 

なので、Googleキーワードプランナーでもう一度検索ボリュームを調べた上で狙うキーワードに需要があるかどうか確認して再設定しましょう。

 

キーワード選定のやり方が不安の方はブログでのキーワード選定のやり方【収益化には必須です】を参考にしてください。

参考記事
ブログでのキーワード選定のやり方【収益化には必須です】

続きを見る

 

Step3:記事タイトルと見出しの最適化

次に修正するべき項目は「記事タイトル」と「見出し」の最適化です。

 

理由は簡単であなたの記事を評価するGoogleクローラーが最初に評価するのは、記事タイトルのキーワード記事内の各見出しのキーワードだからです。

 

SEO的にもタイトルと見出しには適切にキーワードを盛り込む必要があります。

 

ちなみに記事タイトルと見出しに狙うキーワードの重要性はブログのSEO対策で重要な3つのポイントで解説していますので、あわせて読んでみてください。

関連記事
SEO対策
ブログのSEO対策で重要な3つのポイント

続きを見る

 

Step4:内部リンクの貼り直し

キーワードの最適化が終わったら次に内部リンクを貼り直しましょう。

 

先ほど解説した記事タイトルと見出しのキーワードはその記事自体が狙っているキーワードをクローラーが認識しますが、加えて内部リンクのキーワードも認識されます。

Googleクローラーが認識するイメージはこんな感じです。

 

この内部リンクのキーワードと記事自体が狙うキーワードの関連性も見直していきましょう。

 

関連性が高い記事同士をリンクさせることができるとSEOに強いより強力な記事を作ることができます。

 

また、内部リンクについては【SEO対策】ブログ記事に内部リンクを設置するメリット3つで詳しく重要性について解説していますので、参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【SEO対策】ブログ記事に内部リンクを設置するメリット3つ

続きを見る

 

Step5:本文の加筆

最後に本文の加筆をしましょう。ついでに変な言い回しなどがあれば修正してOKです。

 

本文の加筆をするときは狙っているキーワードで実際に検索し、上位表示されているトップ10記事と自分のページにはない内容を比べましょう。

 

そして、自分のページにはない項目を加筆していく感じです。

注意ポイント

もちろんコピペは絶対にNGです!!加筆項目をピックアップしたらそこから自分なりにまとめるようにしましょう。

 

ブログリライトをするときの注意点2つ

とはいえ、リライトするには注意点もあります。

注意点①:記事公開から3ヶ月は様子を見る

リライトするなら3ヶ月くらい様子を見てから実行しましょう。

 

理由は記事を投稿してからGoogleに認識されるまでだいたい3ヶ月くらいかかるからです。

 

なので記事を書いて1ヶ月後くらいに「PV数伸びないな〜リライトするか」と修正してもあまり意味はないということです。

 

2ヶ月から3ヶ月くらい放置してから先ほど解説した方法でリライトしていきましょう(^^)/

 

注意点②:検索順位は常にチェックする

これはブログを運営する上で必須の項目です。それは「検索順位を常にチェックすること」です。

 

PV数以上にGoogleからもしっかり評価されているかどうか確認するためにも検索順位チェックツールは絶対に導入しましょう。

 

僕はMacBookを使っているのでRank Trackerという有料ツールを使って検索順位を毎日チェックしています。値段は$300/年(年間約30000円)で利用することができます。

 

ただ、ちょっと値段が高いなと思うのであればGRCというチェックツールがおすすめです。こちらであれば月額450円(年間4500円)で利用可能なのでコストを抑えられます。

注意ポイント

ただし、GRCはWindows向けなので僕のようにMacを利用しているならRankTrackerがおすすめです。

 

検索順位のチェックツールについてはブログ記事の検索順位を調べる必須ツール3選【無料あり】で解説していますので、参考にどうぞ。

関連記事
ランクチェック
ブログ記事の検索順位を調べる必須ツール3選【無料あり】

続きを見る

 

まとめ:リライトは重要ですがやりすぎは注意

スマホユーザー

今回はリライトの方法と注意点を解説しました。

 

解説した通りリライトはブログ運営において必須テクニックです。ですが、リライトは割と沼にハマりやすいです。

 

僕もリライトを始めるとなかなか新記事の執筆に着手できなくなるので、ほどほどにリライトをするのがおすすめですね。

-SEO, ブログ

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5