SEO ブログ 書き方

ブログの想定読者をサクッと決めるコツ3つ

悩む人
ブログについて調べると「想定読者が大事!」ってよく書いてあるけど、どうやって決めればいいの?想定読者の決め方が知りたい。

今回はこんな悩みに答えていきます。

本記事の内容

  • ブログを書くときの想定読者をサクッと決めるコツ3

  • ブログで想定読者を決める理由3

  • 想定読者を決めるときの注意点!

今回はブログにおける想定読者の決め方を紹介していきます。

 

結構いろんなところで「ブログでは想定読者が重要!!」と言われていて、場所によっては「想定読者=ペルソナ」みたいに書かれているようですね。

 

ですが、マーケティング用語のペルソナという言葉を使ってしまうと「ペルソナって何!?」ってなりがちで沼にハマっていく人も少なくないです。(過去の僕ですね。)

 

そこで本記事はペルソナという専門用語は使わずに想定読者をサクッと決めるコツを解説していきます。

 

この記事を読めば、これから記事を書く前にサクッと想定読者決まり内容のブレにくい記事が書けるようになります。

 

それでは本題に入っていきましょう!

この記事は約3分くらいで読めます。コーヒー片手にどうぞm(_ _)m
トモノリ

ブログを書くときの想定読者をサクッと決めるコツ3つ

ブログにおける想定読者を決めるコツは3つあります。

想定読者 3パターン

  • コツ①:過去の自分
  • コツ②:家族や友人
  • コツ③:会社の同僚や上司

それぞれ深掘りしていきます。

コツ①:過去の自分を読者にする

想定読者に迷ったらまず過去の自分を想定読者にしましょう。

 

ここで1年前の自分を思い出してみてください。今のあなたよりもいろんなことに悩んで、試行錯誤しながら成長してきたと思います。

 

そのときあなたが抱えていた「悩み」や「疑問」は、今この瞬間でもたくさんの人が同じように悩み疑問に感じています。

 

さらに過去の自分を想定読者にすると「あーあのときこんな情報があればよかったな〜」という部分を考えることができるので、ブログネタにもなかなか困ることがなくなります。

 

ちなみにブログネタが切れる方はブログネタが切れた時の効果的な対処法5つで詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

例えば、僕は過去にWordpressのテーマを無料テーマから有料テーマに移行したいと思っていました。

 

ですが「とりあえず無料の方がいいから有料はいいや〜」という考えのまま記事を更新していき有料テーマに変えたときには、大量の記事デザイン修正に追われる地獄の日々が待っていました...。

 

この経験から過去の自分に対して「有料テーマに変えるなら早めがいいぞ!」というメッセージも込めつつ、テーマのレビューを絡めてCocoonからAFFINGER5に移行するメリット3つ【導入まで解説】という記事を書きました。

 

こんな感じで、あなた自身が「成功したこと」や「失敗して後悔したこと」を過去の自分に向けて「こうやれば効率的にできるよ〜」みたいに発信してみるということです。

 

個人的には過去の自分に対して記事を書いた方がスラスラ書けるので、初心者の方にもおすすめの手法です。

 

コツ②:家族や友人を読者にする

次におすすめなのが家族や友人を想定読者にすることです。

 

家族や友人を想定読者にすると、あなたにとって近しい人たちなので「最近あんなことで悩んでたな〜」と普段の生活の中で悩みを見つけやすいです。

 

また、家族や友人を想定した場合、文章自体もセールス的ではなくもう少し柔らかい言葉遣いで気持ち的にもリラックスして書くことができるのも大きなメリットです。

 

例えば、化粧品のアフィリエイトなどをしたいときはあなたのお母さんを想定してみるとかです。

 

想定したらそこから文章の構成を逆算していく感じです。

逆算構成

  • 自分のお母さんにこの化粧品を買ってもらうならどんなことを書いた方がいいかな?
  • 使用感とか使ったときのメリットとかは必要だな
  • 値段とか普段から気にしてるから値段比較とかもありかな?

という感じですね。

 

「自分のお母さんに買ってもらうには...」と考えることで、想像しにくい想定読者よりも性格や普段から気にしていることを記事の中に盛り込めるので、割と質の高い記事に仕上がるはずです。

 

文章構成も同時にできあがるので、効率的にブログを書けるようになりますよ。

 

ちなみにブログ記事構成案の作り方は初心者でも簡単にブログを書く方法【テンプレも公開】で詳しく解説しています。気になる方はどうぞ!

 

コツ③:会社の同僚や上司を読者にする

最後は会社の同僚や上司を想定読者にするのもありですね。

 

(このコツ③は少し中級者向けなので、ちょっと難しいなと思ったら飛ばしてOKです。)

 

というのも、会社の同僚や上司は「ビジネスでの付き合い」なので、それなりのライティングスキルがないと刺さる文章が書けないんですよね。

 

例えば、会社の同僚に「お前もブログ始めてみなよ」と提案してもおそらく拒否されるか、批判されると思います。

 

ここをいかに明確なメリットと始めたことによって訪れる明るい未来を的確な文章で説得する感じですね。

 

同僚や上司に関してもある程度の性格はわかると思いますので、そこをどれだけあなたの文章力で崩していけるかということです。

 

ぶっちゃけ今の時点では難しいと感じると思います。

 

ですが、会社の同僚や上司をも説得できるような文章が書けるようになると、いろんな商品を売れるようになると思います。

 

まずは「正しい文章を書く」を目標にコツ①とコツ②を意識しつつ記事を書いていきましょう!

 

ブログで想定読者を決める理由3つ

ここで

悩む人
そもそも、なんでブログを書く度に想定読者なんか決めるの?(メンドい〜)

と思われるかもしれません。

 

ですが、想定読者を決めることにはしっかりと理由があります。

理由①:パーソナルな記事にするため

1つめの理由はよりパーソナルな記事にするためです。

 

あなたのブログを読んでくれる読者は何かしらの「悩み」や「疑問」を解決したいと思っています。

 

そこで「〇〇のような方向けの記事です!」と想定読者を明確にしておくことで、「あ、これ自分に向けての記事だ」と読者は感じやすくなります。

 

このように「この記事は自分にぴったりだ」と思ってもらえれば、ほぼ最後まで読んでもらうことができます。

 

ちなみに想定読者を大衆ではなく個人にする考えは【初心者向け】ブログを書くときの注意点5つ【読者と会話しましょう】でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

 

理由②:内容のブレを防ぐ

2つめの理由は内容のブレを防ぐことです。

 

「この人に向けて書こう!」というように想定読者が決まっているとその人に刺さるような言葉遣いや文章構成になり、内容がブレにくくなります。

 

一方で、想定読者をしっかり定めていないとその記事を書いているあなたの自己満足の記事になってしまいがちです。

 

必ず画面の向こう側にいる読者に向けて記事を書くということを忘れないようにしましょう。

 

理由③:単純に書きやすくなる

3つめの理由は、単純に記事が書きやすくなるということです。

 

これは90記事以上書いてきた僕自身の経験上ですが、「この人に向けて書く!」と想定読者を明確にしておくと先ほど解説したように文章の構成や言葉遣いなどが、割とすぐに思いつきます。

 

見えない読者に向けて記事を書こうとするとPCの前に座っただけで手が動かなくなるんですよ。

 

この世界にいるたった1人に刺さるような記事を意識して書くことで、より深く説得力のある記事に仕上がることが多いでの想定読者の設定はブログを書いていく上で必須ですね。

 

まとめ:想定読者は難しく考える必要なし

それでは本記事をまとめていきます。

本日のまとめ

  • 迷ったら①過去の自分,②家族や友人,③同僚や上司を想定してみる
  • 想定読者を決めると個人に刺さる質の高い記事が書ける
  • 記事自体が単純に書きやすくなる

最後に「想定読者については難しく考える必要なし」ということを覚えておいてください。

 

冒頭でも書いた「想定読者=ペルソナ」という考えは間違ってはいないですが、そこまで深いマーケティングが必要ということでもないので安心してくださいね。

 

マーケティングにおけるペルソナは「年収がどれくらい」や「年齢は〇〇代」なども考える必要がありますが、ブログでは必要ないですよね。

 

「この記事はこんな悩みに答える記事です!」くらいで全然OKです。僕の記事のほとんどではこのフレーズから始まってます(笑)

 

あまり難しく考えずにまずは記事を1つでも多く書いていきましょう!初心者のうちは質よりも経験と量です。

 

マイペースにブログライフを楽しみましょう!

次の講座>> 記事構成案の作成編

>>ブログ書き方講座トップに戻る

-SEO, ブログ, 書き方

© 2021 tomoblog Powered by AFFINGER5